東海大学医学部産婦人科 〒259-1193
神奈川県伊勢原市下糟屋143
TEL.0463-93-1121(代表)
診療のご案内スタッフの紹介レジデント院生募集外来診療担当医表産婦人科の病気について医療関係者の方へトップページ 産婦人科の病気について

不育症

流産・習慣流産・不育症

流産とは

流産というのは決して病的なものではありません。誰でも一度妊娠すると約15〜20%の率で流産を経験すると言われています。その理由の多くは染色体異常胎児の自然淘汰です。受精卵の染色体異常率は約40%と言われていますが、その殆どが出生前に淘汰されて実際に染色体異常を持って生まれてくる新生児は0.6%にすぎません。多くの淘汰は着床前後の細胞レベルの時に起きるので本人は気が付きませんが、中には妊娠が分かってから淘汰が起こる事もあり、それがいわゆる自然流産です。この様な機序で起こる流産は病的ではなく、止める事もできないし止める必要もないということになります。

習慣流産、不育症とは

しかしながら、流産が繰り返し起こる場合は病的ではないとは言えません。一回の妊娠で流産する確率を20%と仮定すると、何も異常の無い人でも2回流産を繰り返す確率は0.2の2乗で4%、3回流産を繰り返す確率は0.2の3乗で0.8%となり、特に3回以上流産を繰り返す習慣流産の場合は運が悪かったと片付ける前に、何か流産を起こしやすい原因があるのではないか検査する必要があります。また、妊娠中期以降の子宮内胎児死亡は珍しく、この場合は一回でもその原因を検査する必要があります。このように妊娠初期流産を繰り返したり、妊娠中期以降の胎児死亡が一度でもあれば不育症の検査を受けることをお勧めします。

不育症の原因と治療

不育症の原因は、感染症、内分泌異常、子宮形態異常、夫婦染色体異常、免疫学的原因、血液凝固異常など多岐に渡っており、系統立てた検査と治療が必要です。当院では不育症専門の外来を設けて診療をしています。

抗リン脂質抗体症候群とは

不育症の中での最近の一番のトピックスは抗リン脂質抗体症候群です。抗リン脂質抗体という自己抗体が体の中にできると血栓症や流産が引き起こされると言うもので、最近非常に注目されています。また、その治療法としてヘパリン自己注射療法がありますが、日本では未だ施行している施設は少なく、当院は日本で初めて施行した病院として十分な臨床経験があるといえるでしょう。

不育症と血栓症

抗リン脂質抗体や、一部の血液凝固因子異常などの血栓性素因は、胎盤の血栓を介して不育症の原因になり得るだけでなく、狭心症、心筋梗塞、脳硬塞、肺梗塞などの重篤な血栓症の原因にもなり得ます。つまり妊娠のトラブルは妊娠中のみならず将来のより重篤な疾患の黄色信号であるとも考えられるわけです。血栓症だけでなく、糖尿病や高血圧など妊娠中のトラブルで隠れた疾患が発見されることも珍しくありません。不育症の可能性のある人は無事赤ちゃんを産むという目的だけでなく、将来おこり得る疾患を予防するという意味でもきちんと不育症専門医に診てもらうことが肝要です。

杉ウィメンズクリニックとの連携

以前より当院の不育症専門外来をされていた杉医師は開業されました。
  杉ウィメンズクリニック(http://www.sugi-wc.jp/c_7.html
  妊娠・分娩管理に関しましては、今後も連携して行っていく予定です。

〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143 東海大学医学部産婦人科 TEL.0463-93-1121(代表)
当サイトにあるページの全てまたは一部、画像及び文章等の無断複写及び無断転載を禁止します。
Copyright(C)2006 Department of Obstetrics and Gynecology, Tokai University Hospital, All Rights Reserved.