婦人科内視鏡下手術 gynecological endoscopic surgery

内視鏡下手術に関して

内視鏡下手術は、患者さんの体の負担を可能な限り少なくする手術として、外科系各科において広く実施されるようになってきております。内視鏡下手術の進歩はめざましく、婦人科領域においてもその適応疾患はどんどん拡大しており、手術あたりの腹腔鏡手術の割合は年々増加しています。大きな利点は侵襲の少ない「minimal invasive surgery」であることです。開腹手術を回避することにより、入院期間の短縮、社会復帰までの期間の短縮、創が小さく整容性に優れ、手術による2次的癒着発生が少ないことは、現代の女性のライフスタイルにあった治療であると考えます。
東海大学医学部産婦人科では1982年から内視鏡下手術を導入し、特に不妊症の女性に対する原因検索のための検査、妊娠を目指した手術に力を入れてきました。現在では婦人科良性疾患のほとんどが手術の適応となってきています。また2014年度から婦人科悪性腫瘍に腹腔鏡手術保険適応が見なされ、一部の子宮体がん症例に対して腹腔鏡手術が導入されてきています。

腹腔鏡下手術とは

腹腔鏡下手術とは、臍部より腹腔鏡というカメラを入れ、モニターに映った腹部の中を観ながら、専用の手術器具(鉗子)を遠隔操作する手術方法です。全身麻酔下で行なわれます。

手術方法
腹壁の創は、通常は臍部と下腹部に3ヶ所程度必要になります。臍の創部からカメラを挿入し、炭酸ガスでおなかを膨らませてスペースを作ります。モニターに映し出された映像を見ながら下腹部から挿入された鉗子を用いて手術を行ないます。

子宮鏡下手術とは

子宮鏡下手術とは、子宮の内部にカメラを入れ、モニターに映った子宮内を観ながら、電気メス等で手術をします。全身麻酔下で行われます。

手術方法
あらかじめ子宮口を広げる処置を入院時に行っておきます。手術中は子宮を液体で満たし、その内部に子宮口からカメラを入れ、子宮の内部をモニターで観察します。そしてモニターを見ながら、子宮内膜ポリープや子宮筋腫を電気メスで切開し摘出します。

当院で施行している内視鏡下手術の術式(一部)

現在施行している内視鏡下術式は以下のとおりです。

子宮内膜症 病巣焼灼、病巣除去、癒着剥離、嚢胞摘出
異所性妊娠 卵管線状切開、卵管切除
卵巣嚢腫 嚢腫摘出、付属器切除
卵管性不妊 卵管形成術(剥離、開口、端々吻合)
多嚢胞性卵巣 表面焼灼
子宮筋腫 子宮全摘、筋腫核出、TCR(粘膜下筋腫のみ適応)
子宮内膜ポリープ TCR( Transcervical resection/経頸管的切除)

当院での腹腔鏡手術における入院期間および退院後について

腹腔鏡下手術は入院~退院までで4泊5日を想定し、手術後3日で退院する予定になっています。子宮鏡下手術は2泊3日の予定になっています。ただし術後の状態に異常がある患者さんにおいては退院が延期となることもあります。退院後はだいたい2週間後に外来を受診していただき、術後経過を確認します。また経過に問題がなければ多くの場合、軽い仕事は術後1週間程度から、運動などは術後4週間で可能となります。

当院での実際の手術例(腹腔鏡下子宮全摘術)

●手術前
前もって術前検査(血液検査・尿検査・胸部エックス線、心電図、肺機能検査など)が行われます。入院は手術日の前日となります。夕方に下剤の内服をしていただきます。臍の処置および剃毛も行います。
前日は21時まで飲食可能ですが、手術当日は朝から一切食事はできません(病院で提供するお水のみ飲水可能です)。
●手術当日および術後
手術当日は手術室で点滴を挿入し、手術に臨みます。手術は全身麻酔で行います。術後は手術時に挿入された膀胱カテーテルが残され、当日はベッド上安静です。翌日より歩行を開始していただき、膀胱カテーテルもとれます。食事は術翌日の朝より通常食が提供されます。シャワーも、経過により翌日から行えます。術後2〜3日目に、退院のための診察が行われ、順調なら術後3日目に退院となります。

実際の手術画像

  • 手術前

  • 手術後

おわりに

手術件数は年々に増加しており、現在では年間300例以上の内視鏡下手術を行なっています。今後も患者さん自身と相談を繰り返しながら、最も症状に適したテーラーメードな医療を行いたいと考えております。